看護師が大学病院での仕事内容や勤務時間は?

看護師が大学病院での仕事内容や勤務時間は?

看護師の勤務先はたくさんあるといわれていますが、とりわけ待遇がよく、やりがいも大きいといわれるのが大学病院での勤務です。大学病院での看護師の仕事内容は、基本的な看護業務よりももっと個別的な看護業務となります。医師が主体となって行う業務を、サポートするのが大学病院でのメインの業務と考えると、わかりやすいのではないでしょうか。

 

具体的には、日常的名輸液の管理、服薬の管理、患者の健康状態の把握やケア、ADL介助、メンタル面でのサポートなどです。

 

一般的に、大学病院で治療を受けるような患者は、難治性の疾病であることが多いので、通常の病院の看護業務に比べてより個別性の高い、より良い看護というものに力が注がれているのです。申し送りやカンファレンスでは意見が何度も重ねられ、患者をしっかりゆったりとサポートしていく能力が求められます。

 

大学病院での看護師の勤務時間は、通常の病院と同じです。ほとんどが、日勤8:00〜16:30、準夜勤15:00〜23:30、深夜勤23:00〜08:00の三交代制となっています。ただし残業は少なめで、休みも月にニ、三度と摂りやすいのが特徴です。