保健師になるためには

保健師になるためには

保健師になるためには、国家試験に合格しなければなりません。そして試験を受けるには受験資格が必要で、文部科学大臣の指定した学校で6ヶ月以上、保健師になるのに必要な学科を修めないといけません。厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業するか、外国の保健師学校を卒業している必要があります。

 

そして、保健師になるには、まず看護師の資格を取らなくてはいけません!

 

看護師の免許を取った後、指定の学校もしくは養成所にて保健師に必要な知識と技能を修得しないといけないのです。それで初めて受験資格が与えられます。保健師になるには、様々な道のりがあります。まず、高校の看護科で3年間勉強して看護専門学校へ進学し、そこで2年間勉強し、さらに保健師学校で1年間勉強する方法があります。

 

看護専門学校もしくは看護短大で3年間勉強して保健師学校へ進学し、1年間勉強する方法もあります。看護大学で4年間勉強する方法もあり、保健師になる方法は色々です。最近では、看護大学や医学部看護学科などの4年制大学で学ぶ人が多くなっていますが、一度看護師として働いてから保健師を目指す人も少なくありません。