男性看護師は職場に居づらい?

男性看護師は職場に居づらい?

看護の現場に男性がいることは非常に心強いものです。体の大きな患者さんの看護をするとき、体の不自由な人の介護をするとき、やはり筋力が強く力のある男性の看護師がいるととても助かるものです。気難しい患者さんが異性の看護師に心を開いてくれるケースも少なくありません。

 

しかし、現状としては女性が多い職場が大半です。仕事をする相手や状況には必要とされていても、居心地の良い職場であるかどうかは疑問です。やはり、女性が多ければ、人間関係は複雑になりやすく、性の違いによる苦悩も少なくないでしょう。看護はチームで行う事が主流であるため、一人だけで仕事を進めることは殆どありません。

 

そういった意味で、男性看護師は職場に居づらくなる傾向は否めないのです!

 

しかし、やはり男性の看護師がいることで、その場の空気が和んだり、ちょっとした人間関係の緩衝剤的存在になってくれることもあるので、そのあたりを上手に利用して、自分自身が居やすい環境を作っていく努力も必要なのかもしれませんね。職場に居づらいからやりたい仕事ができなくなってしまってはもったいないですからね。